猫も飼い主もジメジメした梅雨時は身体がだるく重たい!なぜなんだろ?


スポンサーリンク

 

こんにちは!管理人のcat007です。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

もう梅雨ですねー。

天気が良くても、湿度が高いせいか?なんかジメジメして、

なぜか体がだるくて重たくなる嫌な季節ですね。

 

家の2にゃんの「しんちゃん親分」も「エコにゃん」も

散歩とご飯とトイレ以外はたえず寝ている状態!

 

ネコは普段から良く寝ますが、

 

 

ネコは寝る時間が普段から長い動物です。

 

平均睡眠時間は、大人の猫で12時間から16時間と言われています。

子猫はもっと長くて、20時間ほど寝るネコもいるそうですよ。

 

🐾猫は季節の気温や気圧の変化に敏感に反応します

 

「猫が顔を洗うと雨が降る」なんて言われるのも、

低気圧が近づいて湿気が多くなり、猫のひげが重たくなって

ムズムズするので、キレイに顔を洗っていると言われています。

 


引用:pro.foto.ne.jp

 

つゆどきは低気圧となり、人と同じでネコも体に影響が現れます。

 

体にかかる気圧が低くなるので、人と同じで血管や

ンパの流れが圧力で、低下して血行不良が起こしやすく

体調不良になりやすいとか言われています。

 

ネコも何となく体が重くてダルイと、思うので良く寝るのでしょうね >^_^<

 

🐾人の場合の梅雨時に起きる体調不良は?

 

1、自律神経の乱れがあります。

気温や湿度の変化にょって、自律神経の乱れが引き起こされ、

その結果として「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が、現れやすくなります。

 

1日の気温の変化が変わりやすいので「冷え」や「肩こり」原因になったり

「風邪」をひきやすくなりがちです。

 

 

2、湿気や気圧の変化の不調が出やすい。

梅雨の大敵と言えば「湿気」つゆどきは湿度が高く、その結果体内の水分が出にくくなり、

体が「むくみやすく」なりがち!

 

3、食中毒を起こしやすい季節。

湿気にょって食べ物が、傷むスピードが速くなり「カビ」や「細菌」が繫殖した食べ物を

知らずに口に入れる危険性も高まるいやな季節ですねー。

 

スポンサーリンク

 

 

食事にすすんで取ってほしいビタミンB群

 

体力の低下やだるさを感じる梅雨時には、「ビタミンB群」を多くとることをおススメ!

 

「ビタミンB1」は糖質を分解して、エネルギーに変化する特徴があることから、

「疲労回復ビタミン」とか「ストレス回復ビタミン」とか言われるほどの効果があります。

 

「ビタミンB1」を多く含む食品は「玄米、発芽米、豚肉、紅サケ」などが多く取れます。

 

まとめ

快適に眠れる睡眠環境を作りましょう。

 

湿度が高く寝苦しい夜が続きますよね。

クーラーなどを使って、快眠を心がけましょう。

 

私たち人間は猫のように、1日中は眠れません(笑)

ネコも飼い主も体調不良になりやすい、梅雨の季節をのりきりましょうね。

 

スポンサーリンク

当ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
和歌山県白浜で、夫婦と猫2匹で暮しています。

このサイトは、猫を中心として生活している管理人ブログです。
猫の健康と夫婦の健康と美容に関する内容を記事にしています。

このサイトの記事内容により、皆さんの「猫の飼い方」や
「夫婦が仲良く生活」するお役に立ちましたら幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す