鉄道ファンでなくても楽しめる!地元・和歌山のたま駅長や全国の猫列車は?


               スポンサーリンク

 

こんにちは!管理人のcat007です。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

このあいだ、地元、和歌山の「たま駅長」で有名になった

電車のボディーにたま駅長の絵がたくさん描いてる猫列車を見かけました。

 

地元が和歌山なので見かけても不思議じゃないのですが、

列車の顔には耳もついてるし、ボデーはカワイイ「たま駅長」だらけ!

 

 

可愛くって写メ パチパチ!スゴク得した気分♪♪

 

 

趣味が城めぐりなので、意外とローカル電車に乗るときもあって、

ワンマン電車と言って、電車の中は普通の市営バスそっくりだったり、

途中の駅でのってた連結外されて、急いで反対側の車両に走ったり。

 

 

また、駅の手前の線路沿いに一眼レフカメラ持った人が多いなー?

と思ったら走ってきた電車を連続シャッターで撮ってるんですね。

列車が通り過ぎると、皆さんイッセイにぞろぞろ帰りだす!

 

 

なんかの記念の列車とか、D51が走るときに遭遇すると、

鉄道ファンがたくさん待っているので、すぐわかりますね。(笑)

そういう列車に遭遇すると、すごく得した気分で嬉しいのですが

 

 

私自身は猫列車に会える方がカワイイし、楽しいケド♪

 

 

 


引用:初代「たま駅長」

 

鉄道と猫を結び付けた立役者は、やはり和歌山電鐵の「たま駅長」でしょ。

和歌山電鐵は、南海電鉄が乗客の減少を理由に廃止を表明していた貴志川線を

 

 

岡山県を中心に東急世田谷線の「招き猫電車」バスや鉄道

船舶の運行をする両備グループが救済し、2006年にグループ内の

岡山電気軌道傘下の会社として運行を始めたそうです。

 

 

ただし、鉄道用地は和歌山市・紀の川市が所有するという体制で!

 

 

🐾たま駅長が就任した始まりは?

 

自治体は終点の貴志駅の脇にあった飼い猫の小屋を撤去するよう

隣接した雑貨屋を経営する飼い主に言ってきたそうなんですが。

 

 

飼い主が和歌山電鐵代表の小嶋光信氏に猫の小屋を駅に置いてほしいと

お願いしたところ和歌山電鐵代表の小嶋氏は猫を駅長への任命!

 

 

それが、たま駅長の誕生なんですって!

 

まもなく和歌山電鐵では、南海電鉄でズームカーとして親しまれ、

22000系を改造した2270系を水戸岡鋭治氏がリニューアル

「いちご電車」や「おもちゃ電車」といった、キャラクタートレインはじめます。

 

 

水戸岡氏というとJR九州との結び付きを連想する人が多いようです。

しかし彼は岡山市生まれであり、両備グループでは岡山電気軌道の

「MOMO」こと9200形岡山と小豆島を結ぶフェリー「おりんぴあどりーむ」

などを手掛け、グループのデザイン顧問を務めていた。

 

 

和歌山電鐵の電車を担当するのは当然の流れだったそう!

このリニューアル列車第3弾として

 

 

2009年に登場したのが「たま電車」

 

 

たま電車のコンセプトと言うのが「ネコロジー」で、

外観は白を基調に「101匹のたま駅長」のイラストをちりばめ

前面にはひげが描かれ耳まで付いてまーす♪

 


出典:soucraft(そう)さんの投稿

 

木を多用してエコに配慮した車内は三毛猫カラーの座席や床

たま駅長のイラストを用いたポスターやのれんのほか、ミニ文庫コーナーもあって、

アミューズメント感を盛り上げててるニャー (=^・^=)

 

 

 

続いて2010年には貴志駅舎が、たま駅長室やカフェなどを備えた

水戸岡氏デザインの新駅舎にリニューアルしています。

 

 

また沿線の「山東まちづくり会」では年1回、

「うちのにゃんこ写真コンテスト」を実施していて、

入選作品は一定期間、和歌山電鐵車内に中吊りポスターの形で掲示される。

 

 

みなさんも、ぜひぜひ応募して欲しいニャー 🐾

 

 

残念ながら「たま駅長」は2015年に亡くなり、現在はそれ以前から駅長として

活躍していた「ニタマ駅長」と、2018年1月から就任した「よんたま駅長」

任務に当たっています。(=^・^=)安心して!

 

 

出勤時間はいずれも10~16時で週休2日と、

猫に負担を掛けすぎない環境に配慮してます。

 

 

また、こぉ~んなたま駅長の期間限定バレンタインチョコも販売 (^^♪

※たま&ニタマのバレンタインチョコは、

岡山髙島屋と和歌山電鐵のみで販売する限定商品です。

岡山髙島屋では1月24日(水)からのバレンタイン催事

「アムール・デュ・ショコラ」にて、300個を限定販売いたします。

価格:2,592円(税込:チョコ4個入り)

◆特典
たま、ニタマ駅長の実物型取り肉球印を押したポストカード一枚付き

パッケージデザイン
水戸岡鋭治 両備グループデザイン顧問
大きさ
8㌢×8㌢の正方形 高さ3.5㌢
4個内訳(たま・ニタマ各一個+ネコ2個)

 

 

スゴイ人気であっという間に売り切れたそうですよ!

かわいすぎて食べれなーい♪

 

 

たま駅長の猫列車!見る価値!乗って終点、喜志駅の

たま駅長を見る価値あり!

和歌山駅から出てますから、是非とも見に来てくださいネ (=^・^=)

 

 

               スポンサーリンク

意外と少ない日本全国のアニマル電車!

 

まだまだ猫の人気のパワーを知らない都市が!

遅れてるー(笑)

 

あったのが富山県高岡市・射水市を走る万葉線と

東京都世田谷区の東急電鉄世田谷線の

 

 

🐾万葉線の子供の願いがつまった「アニマル電車」

 

 

 

万葉線のそれは正確にはアニマル電車という名前で、2016年夏まで走っていて、

デ7070形の正面に猫側面に十二支の動物の絵が描かれていた。

 

 

神様が十二支の順番を決めるお触れを出した際、日時を聞くのを忘れた猫に

ネズミがうそを教えたため、猫が十二支に入れず、それ以降

猫はネズミを追い掛けるようになったという説はご存知ですか?

 

 

猫好きなら、何で干支に猫がはいっていないのか理解できないですよね!

詳しいことは「猫年」がある国があった♪干支が分かれた、大きな理由の三つの謎

を見てくださいネ(=^・^=)

 

 

でも、アニマル電車では逆に猫が特等席に陣取ってるから嬉しいですね。

万葉線は以前は加越能鉄道(現・加越能バス)が運行していましたが、

乗客減少に悩んでいたり、台風による橋脚一部流失を契機に

一部区間の廃止を表明した。

 

 

これに対して地元の自治体や住民などが存続のための活動を続け

2002年に第三セクターの万葉線に移行したという経緯を持つ。

和歌山電鐵に通じるストーリー!

 

 

「たま駅長」のように頑張って欲しいですね。(=^・^=)

アニマル電車はこの過程で、存続を願う小学生に描いてもらった

から生まれた温かい思いが詰まったアニマル電車ですー。

 

🐾ドラえもんの「猫型ロボット」の電車も見っけ!

 
引用:猫型ロボット

 
万葉線には「猫型ロボット」ドラえもんの電車も走ってますー♪
 
 
 
 
高岡市出身の漫画家、藤子・F・不二雄氏の代表作の
『ドラえもん』をモチーフとしたドラえもんの「猫型ロボット」電車です。
 
 
 
こちらは新世代のMLRV1000形「アイトラム」をベースとしてます。
通常の塗装は赤で車内は白基調なんですが、ドラえもんトラムは外も中も青となっていて、
ドラえもんやのび太などのキャラクターが描かれてますよ♪
 
 
 
また、赤い帯を首輪に見立てて鈴を描きドアは「どこでもドア」のピンクとするなど
まるで、ドラえもんのお腹の中に入った気分♪

 

ドラえもんが好きなお子さんには、

是非とも乗せてあげたい電車ですよー(=^・^=)

 

 

🐾縁起の良い「幸福の招き猫電車」登場!

 

 

 

世田谷線の方ではルーツに当たる玉川線が昨年開業110周年を迎えたことを記念して、

3月末までの期間限定で300系1編成を「幸福の招き猫電車」ができました。

 

 

沿線にある豪徳寺が招き猫発祥の地と言われていることにちなんでいて、

外観は白い車体の前面や側面に招き猫を描いてます。

 

 

車内はカワイイ猫の吊り手が招き猫の形になり

ずぅーっと猫になりきり吊り手に捕まっていられるー♪

 

 

床には猫の足跡が加わって。

足跡は入口から出口に向かっていて、

乗客の車内移動を促すように

 

 

ほらっ 猫が歩いて行きますよー♪

 

 

この猫足のあとをどんどん歩いて行きたくなっちゃうー(笑)

 

ここで紹介した車両はアニマル電車を除き、ここ10年以内に登場してるらしい!

最近の猫人気の影響が大きいのでしょうね。

 

 

昨年12月に一般社団法人ペットフード協会が発表した全国の

犬と猫の推計飼育頭数によれば猫が952万6000頭、犬は892万頭で、

1994年に調査を始めて以来、初めて猫が犬を上回ったんですって!!

 

 

🐾これからも「猫列車」増えていくかな?

 

 

 

猫電車増えていく可能性は高いみたいですよ(=^・^=)

 

日本の鉄道やバスは運賃収入を原資として走っているので。

それゆえに過疎化が進む地方交通は多くが苦境に立たされて深刻です

 

 

その中で観光客を含めて一人でも、多くの人に乗ってもらいたいという

気持ちが癒しや話題性で猫列車の発想ににつながったようです。

 

確かに猫には人を癒す力を持ってますからね!

くわしくは、猫好きアラサー女子に人気!猫カフェで婚活パーティー・成功率も高い!

とか、「世界各国にある猫の日」飼い主さん達の1番飼われている種類やデーターは?

 

 

ベストセラー猫に見習うべき人の生き方!「猫はためらわずにノンと言う」など

猫ちゃんの、人を癒す力は素晴らしいものが潜在意識の中にひそんでいます!

 

 

でも、海外ではアニマル電車や猫電車は、遊園地でぐらいしか

見かけないそうですよ・・・?

 

🐾これは日本独自の鉄道文化なんだそうです。

 

現に和歌山電鐵は外国人の利用者も多く、ウェブサイトは英語・

中国語表示も可能にしてますし。

 

 

万葉線ウェブサイトも、ドラえもんトラムについては

英語や中国語の案内もトーゼンある!

 

 

利用者増加のためには国際対応も重要になりそうです。

 

 

まとめ   

 

いかがでしたか?

今後も猫列車は増えると予想されてますよ(=^・^=)

 

そのせいか、和歌山電鐵以外にも会津鉄道芦ノ牧温泉駅(福島県)

ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅(茨城県)など、鉄道事業者公認の駅猫はいるし、

それ以外にも猫が駅の中で、かわいがられで暮らせる駅が増えてるらしい!

 

和歌山電鐵の「たま駅長」ような成功してほしいですね。

たま駅長とは違う魅力を発信できるのか?

これから、猫電車が全国に増えて、どんな展開をしていくのか?

 

ホント楽しみですね♪

みなさんも、ドシドシ協力してくださいネ。

               スポンサーリンク

当ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
和歌山県白浜で、夫婦と猫2匹で暮しています。

このサイトは、猫を中心として生活している管理人ブログです。
猫の健康と夫婦の健康と美容に関する内容を記事にしています。

このサイトの記事内容により、皆さんの「猫の飼い方」や
「夫婦が仲良く生活」するお役に立ちましたら幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す