猫に癒されたい理由!猫と暮らす6つのメリットと癒されグッズを紹介

               スポンサーリンク

 

こんにちは!

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

新生活は別れの季節でもあり、また新たな出会いに心が踊る季節でもあります♪

一人暮らしが出来るようになったら・・・

 

 

新生活をカワイイ猫と暮らしたい♪

 

 

と思ってる人も多いのでは…?

また、さまざまな研究により猫が癒して

ストレスを軽減するというデータもあります。

 

 

猫と触れ合うことで心拍数や血圧が下がり、

ストレスホルモンも減るという研究結果も複数あります。

 

 

新生活の精神的なよりどころとして、子猫を飼い始めるのもいいかも♪

 

 

新生活近くのペットショップで、

かわい子猫と出会って一目惚れの衝動買い!

 

 

また、みちばたでニャーニャーと

お腹を空かして泣いてる子猫をかわいそうで

お家で飼うことになった人も多いのでは…?

 

 

でも・・・

いざ飼うとどんなキャットフードが良いのか・・・

トイレはどこにしようかな・・・とか

 

🐾子猫と生活する準備に何が必要?

 

子猫を迎え入れる為に準備するべき物はこんなのです。

 

 

1:トイレ用品

 

トイレ用品は必ず用意してあげましょう。

猫専用トイレの箱と猫砂を用意して下さい。

猫の混乱をまねく恐れがあるため、なるべくトイレの場所は

最初の位置から動かさなくていいようにしたいです。

 

 

2:食事(猫用フード)

 

猫の年齢に合わせたフードを用意しましょう。

選ぶのは、「総合栄養食」と記載されているものをおすすめ!

総合栄養食には猫が生きていく為に必要な栄養素が

バランス良く配合されています。

 

 

他に、「一般食」や「副食」などと分類される

キャットフードがありますが、栄養素が偏っていたり

足りない事が多いので、あくまでも「おやつ」として与えて下さい。

 

 

3:食器

 

食器は水用と食事用に分けましょう。

猫の場合、水と食事は常にお部屋に置いておきます。

 

犬と違って猫ちゃんは食事を、自分で好きな時間に

好きな量だけ食べるので、一日に与える量を守りながら設置しましょう。

水は気がついたら取り替えるようにして下さい。

常に清潔なお水を与えましょう!

 

 

4:ベッド

 

猫だけのスペースとなるように、

くつろげる専用の寝場所を用意しましょう。

 

フワフワとした暖かい素材で、少し囲いがあるような物がベストです。

 

 

 

5:爪とぎ器

 

猫は爪とぎをしますから、猫の本能を満たすために

爪とぎ器を用意するといいでしょう。

 

ストレスを解消する効果もありますし。

また、設置しないと部屋の壁や柱などで爪とぎを始めてしまいます。

 

 

6:おもちゃ

 

おもちゃは、人間と猫がコミュニケーションを取る為に必要です。

猫じゃらしや、噛んでも綿が出ないぬいぐるみなどを用意して下さい。

 

 

7:キャリーバッグや移動用ケージ

 

病院や公共の場に行く時に猫を入れる為のバッグです。

 

 

8:首輪

 

室内飼いであっても、もし外に飛び出してしまって、

迷子になった時の為に飼い主さんの名前、

連絡先を記入した首輪を付けておくと安心です。

 

 

🐾子猫の飼い主としての心配事は?

 

 

1.猫の寿命(平均14~16年)の間、卒業、結婚、出産、転勤

などがあってもずっと猫を飼い続けられる。

 

2.毎月の食費やトイレ砂などの消耗品代

猫の健康状態を維持するための金銭的余裕がある。

 

3.30分以内で行ける場所に評判のよい動物病院がある。

 

これらがきちんとクリアできてはじめて、新生活で猫活がスタートできます♪

 

 

 

 

また、猫と新生活の6つのメリットとは?

 

🐾その1  かわいくて癒やされる♪

 

子猫と暮らすと猫のかわいらしさにもぅ~メロメロ♡

子猫のかわいさは、私たちを癒やします♪

 

 

仕事で疲れていても、嫌なことがあっても、

家に帰って子猫に会うだけで

 

 

すべて忘れることができます♪

 

 

じつは、猫などの動物を撫でることでオキシトシンという神経伝達物質

分泌が促進されます。

 

 

 

 

そしてオキシトシンが増えると、寛容な気持ちになる!

ということが実験で証明されています。

 

 

 

猫のかわいらしさは、人をリラックスさせます♪

 

 

 

🐾その2  子猫との暮らしは孤独じゃない!

 

 

一人暮らしをしていて病気で寝込むと、想像以上につらいものです。

 

 

まさに孤独です・・・!

 

 

そんなとき、子猫がいれば添い寝をしてくれます。

私が飼っている2ニャンは、布団で一緒に寝るのが日課です。

 

 

私が風邪を引いて寝込んでいるときでも布団に入ってきてくれます。

猫が添い寝をしてくれることで、猫のためにもと病気の回復を早めてくれます。

 

 

🐾その3  冬でも冷えた体を温めてくれる!

 

 

冬の猫は人よりも体温が高いので暖かい♪

冷え性の人は、猫に足下で寝てもらいましょう。

 

 

また、猫も寒がりなので人と一緒に寝ることを好みます

猫にとっても人間は動く湯たんぽなのですね(笑)

 

 

 

お互いがお互いをあたためることができる♪

また、猫はコタツとの相性も良いですね。

 

 

コタツから顔だけ出す猫の姿を見るだけで癒やされますー♪

 

               スポンサーリンク

 

🐾その4 精神的なよりどころになる!

 

 

新生活はワクワクと不安でいっぱいです。

 

会社や学校など知り合いがほとんどいない環境では、悩みを話す人もいなく、

ストレスばかりが溜まってしまいます。

 

 

そんな時、家に子猫がいれば寂しさも感じず、癒しを与えてくれます。

どんなにつらくても猫が待っているから頑張ろうと思えるかもしれないですね。

 

 

 

 

🐾その5 家のお掃除をこまめにできる!

 

 

特に一人暮らしを始めたばかりだと、家が散らかりがちです。

子猫がいると、猫がいたずらしたりひもなどを飲み込んでしまわないよう、

 

 

きれいに整理整頓をする癖が付きます。

 

 

自分のためだけではなく猫の安全のためであれば

部屋をきれいに保てる人は多いようですよ ^^

 

 

🐾その6 子猫のことで話題が増える!

 

 

新しい職場や学校で、あまり知らない人と話す時、

 

話題を探すのに苦労しますよね。

 

 

そんな時には猫の手を借りましょう。

子猫の話題を嫌う人は少ないので、

愛猫の写真を見せて楽しく会話をしましょう。

 

 

パソコンの壁紙などにしておけば、

気づいた猫好きの人が話しかけてくれるハズ♪

 

 

新生活で子猫を飼うデメリットも?

 

🐾 猫のお世話がしっかりできない可能性!

 

新生活は、どの程度忙しくなるのかわかりませんね。

特に働き始めの場合は、仕事に慣れるまで仕事だけ手一杯になってしまったり、

付き合いで夜遅くなることも十分考えられます。

 

 

犬に比べて手がかからない猫なんですが

1日中お家で一人にしておくのはかわいそうです。

 

 

いそがしくて、しっかりお世話ができない可能性があるなら、

お世話ができるかどうかを見極めてから子猫を飼うようにしましょう。

 

 

🐾 人付き合いが悪くなる可能性!

 

猫を飼うことで心のより所にできるというメリットがある反面、

人付き合いがおろそかになってしまう可能性があります。

 

 

猫をかわいがったり大切にお世話をすることはいいことですが、

そのせいで新しい職場や学校の人間関係が

おろそかになってしまってもよくないです。

 

 

🐾 新生活は期待と不安がいっぱい!

 

そんな時、心の支えになってくれる

猫ちゃんがいるというのは非常に心強いです。

 

 

ただし、不安定な新生活に猫を飼うことでのデメリットもあります。

自分だけでなく、猫ちゃんのことを考えて飼うかどうか考えてくださいね。

 

 

あるていど、新生活が落ち付いてから猫を飼うのも悪くないと思いますよ!

 

 

 

子猫の食事回数について悩む飼い主さんは多い!

 

 

子猫の食事回数、飼い主のみなさんはどうしてますか?

1日2、3回?もっとたくさんですか?

 

 

子猫の食事回数について悩む飼い主さんは意外と多いのです。

この記事では猫の食事回数を決める時に役に立つ情報をお届けします。

 

 

🐾 猫の食事回数、正解はありません!

 

猫も色々、年齢や体質、食事習慣により

どれくらいの食事回数が良いかはそれぞれに違います。

 

 

昼間は仕事で誰もいない、など飼い主さん側の事情もありますよね。

今いる猫に合わせて、飼い主さんの事情に合わせて、

ベストな食事回数を決めることが大切!

 

 

 

🐾 猫の食事回数のメリット、デメリット!

 

子猫の食事回数、多くても少なくてもそれぞれにメリット、デメリットがあります。

主なものを挙げてみたので参考にしてみてくださいね♪

 

🐾 食事回数が少ない(1日1回~3回)

 

メリットは?

 

*空腹時間が長くなることで尿道結石の予防になる!

 

*空腹時間が長くなることで消化器官を休めることができる!

 

デメリットは?

 

*1回の食事量が多くなるので消化にやや負担、食事の吐き出しが増えるかも?

 

🐾 食事回数が多い(1日3回~それ以上)

 

メリットは?

 

*1回の食事量が少なくなるので消化負担が少ない!

 

*一度にたくさん食べられないタイプの猫に向いている!

 

デメリットは?

 

*空腹時間が少なくなるので尿道結石ができやすくなることも?

 

このようにどちらにもメリット、デメリットがあります。

たとえば、去勢手術をした猫ちゃんは、尿道結石になりやすいデーターも!

 

 

そのことも、理解した上で個々の猫に合った食事方法を考えれば良いですね。

 

🐾 猫の食事回数を決める時の考え方!

 

たとえば、尿道結石などが心配なら、

食事回数は少なくしたほうが安心ですし

 

 

ちょこちょこ食べる猫

食の細い猫ちゃんには食事回数は増やした方が!

 

 

子猫期も消化器官が未熟なため

食事回数は多めのほうが負担が少ないでしょう。

 

 

「少ない食事回数だとお腹をすかせてしまいかわいそう…

そう思う飼い主さんも多いようですが、

 

 

猫に限らず肉食動物はちょっとした空腹状態ならエネルギーが

なくなることもなく、人が思うよりストレスなく過ごせるものですよ。

 

 

でも、仕事などの都合で食事回数が少なくなってしまう場合は

ご飯を多めにあたえてくださいね。

 

 

食事は健康の基本!

 

 

適切な食事回数を見定めて愛猫がいつまでも元気でいられるよう

気を配ってあげたいですよね。

 

               スポンサーリンク

 

 

子猫と一緒に寝たい!

 

 

あなたは、家で飼っているペットと一緒に寝ていますか?

また、一緒に寝たいと思う飼い主さんも多い!

 

 

いずれにせよ、可愛いペットと寝ている飼い主さんにとっては

「一緒に寝るのはダメ!」と言われても

一度ついた習慣はなかなか変えられないでしょう。

 

 

今回はペットと寝ることのメリット、デメリットだけでなく、

どうしても添い寝したい・・・♪

と言う飼い主さんのために気をつけたいことを紹介します。

 

 

🐾 ペットと一緒に寝るメリットとは?

 

 

まずあげられるのは、飼い主さん側が感じる『癒し』でしょう。

 

 

ペットと一緒に寝ている飼い主さんほとんどは

「ペットがベッドに入ってくるから仕方なく」寝ているわけではなく

ペットと寝ることを望んでいます。

 

 

そこにあるのは、ペットと一緒にいることで得られる癒しでしょう。

動物と接することによるアニマルセラピーの効果

 

 

高血圧が正常になったり、緊張型頭痛が抑えられたりとするデーターもあり、

ペットと一緒に寝ることに同様の癒しがあることは間違いありません。

 

 

🐾 ペットも安心を感じる!

 

ペットが望んでいるのであれば、一緒に寝ることはペットにも安心します。

子猫にも不安な時、寂しい時がありますがそんな時に

 

 

飼い主さんと一緒に休むことは心の安らぎにつながります。

そこから、飼い主さんに対する愛情が深まることもあるはずです。

 

 

🐾ペットと一緒に寝るデメリットは?

 

体の小さな子猫の場合、うっかりすると飼い主さんの下敷きになって

ケガをしたり、圧死したりする可能性もあります!

 

 

少なくても、子猫の時期には一緒に寝ることは避けたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ      

 

いかがでしたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

引っ越しの時に使ったダンボールは、最近は引っ越し業者が取りに来てくれますが、

猫ちゃんはダンボールが大好き♪

 

 

あまったダンボールで、猫の爪とぎ被害をなくすカンタンな

DIY女子になりませんか?

 

下に壁などのDIY記事を書いていますので、読んでくださいね。

 

 

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す