大好きな猫と「豪華なひな祭り」を祝った歴代の有名人とは?1・2は誰?

           出典 にゃんこ雛

 

スポンサーリンク

 

こんにちは!管理人のcat007です。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

もうすぐ3月3日お雛様の節句ですね。(または桃の節句)

2月3日の節分で「鬼は~外~。福は~内~」っと邪教を払った後に、

ソク、お雛様を飾った方が厄払い出来ていいらしいですよ♪

 

 

 

 

節句とは、暦の上で節目になる日のことですね。

 

1年間で5回あり1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳の節句)

5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)9月9日(重陽または菊の節句)です。

 

 

節句は縁起が良く、お祝い事に向いている日だと考えられています。

また、奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるとも伝わっています。

 

 

子どもの誕生を祝い、邪気をはらって健やかな成長を願うために節句を祝います。

 

🐾ひな祭りの由来とは?

 

ひな祭り(桃の節句)の起源は、平安時代までさかのぼります。

昔の日本には五つの節句があったそうです。

 

 

この節句という行事が、貴族の間では

季節の節目の身の汚れを祓う大切なものでした。

人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう)  → 9月9日「菊の節句」
(※「菊の節句」は現在はなくなっています)

上の節句からもわかるように、「上巳の節句」が、

現在の「ひな祭り(桃の節句)」になっています。

 

 

平安時代は、上巳の節句の日は薬草を摘んで、

その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願ったそう。

 

🐾ひな人形の由来とは?

 


引用:流し雛

 

厄と一緒に人形を流す「流し雛」

 

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持っていかれないよう、

枕元に身代わりの人形を置く風習があったそうです。

 

 

人形(ひとがた)とは、身代わりという意味。

 

この風習は、自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す

「流し雛」へと発展し、今も残っています。

 

また、ひな人形のひな(ひいな)とは、小さくてかわいいものという意味があり。

 

 

平安時代、宮中では「紙の着せ替え人形」で遊ぶ「ひいな遊び」が主流!

 

 

室町時代になると、上巳の節句が3月3日に定着。

 

 

紙のお雛様から、豪華なお雛様を飾るようになり、

宮中で盛大にお祝いをするようになったみたいです。

 

 

それが宮中から、武家社会・裕福な家庭や名主の家庭へと広がっていき

今のひな祭りの原型が完成!

 

 

段飾りが飾られるようになったのは、江戸中期のこと。

昭和に入ってから、今のようなひな人形の形になったよう。

 

 

NHKの大河ドラマで高視聴率を打ち立てた篤姫!

ほかにも、猫と一緒に豪華にお雛様の節句を祝った

歴代の有名人を紹介しますね。

 

 

歴史上の人物で猫と豪華ひな祭りした人は?

 

🐾篤姫(1836~1883)

 

NHK大河ドラマ西郷どんでは、この篤姫の嫁入り道具を西郷どんが、

揃えるという史実から、実は篤姫が西郷どんの初恋の人であり、

さらに実は両想いだったというストーリーになってましたねー♡

 

🐾夫、家定との夫婦生活はどうだった?

下世話な話が好きなもんですから、すみません。^^;

 

 

篤姫と家定の夫婦生活は、2年に満たない期間でした。

 

 

それに、徳川将軍というのは、常に正室と一緒に過ごしているわけでもなく

もしかすると、顔を合わせた事も数える程しかなかったかも知れません…?

 

 

しかし、もともと、狆(ちん)を沢山飼っていた犬好きの篤姫

家定が犬嫌いであると聞き、猫(名:サト姫)を飼いだしたそう!

 

 

犬がダメなら猫はOKとは限らないので、家定は猫は好きだったか?

それとも、大丈夫だった事を周辺から、あるいは当人から聞き出したかも…?

 

 

それなら、猫を介して夫婦の会話ってあったのかも知れませんねー。

 

 

NHK大奥でお馴染みの篤姫ですが。

篤姫が当時飼っていた猫の名前は「サト姫」

 

 

大奥は男の人がいないでしょー?

そのせいか、猫たちはみんなすっごい可愛がられていたそうですよ。

 

 

猫のサト姫には、付き人はいつも3人はいたし、ご飯も贅沢!

ベッドもあったし、それこそ猫冥利に尽きるってものだよね。

 

 

そのぶんお金はすっごいかかってたみたいだけど!

 

 

今の猫の1ヶ月の平均飼育費用の1万倍くらい!

スッゴー!

たとえば、ふつう猫一匹のキャットフードやおやつ代の平均が5千円ほど!

 

 

その1万倍の食費って!

 

猫のサト姫は?いったい何を食べてたん…?

毎日、最高キャビアに白トリュフ…?

庶民には想像もつかないわ~(=^・^=)

 

 

江戸城では、夫の家定さまが、犬嫌いだったので、猫を飼い始め、

初めに飼った猫には、「みち姫」と名付けて、

かわいがっていたそうですが、しばらくして死んでしまったそうです( ;∀;)

 

そして、篤姫付きの御年寄の幾島が、かわいい三毛の子猫を、連れて来て、

篤姫は、「さと姫」と名付けて、とてもかわいがったそうです。

 

篤姫が、お食事の時に、いっしょに、さと姫のお膳も出され、

アワビの貝の形をした瀬戸ものに入れられたお料理だったそうです。

いつもはお魚ですが、精進の日には、どじょうと鰹節を出されたそうです。

 

 

猫のサト姫の食費は、年間25両も、かかったそうですよー!

 

チョー贅沢!サト姫に生まれたかったー!と一瞬思いましたか…?

私もですー。贅沢してみたーい(笑)

 

 

「さと姫」の専属お世話係は、ませ、つゆ、はなの三人でした。

また、「さと姫」は、外出もしたりして、毎年、5~6匹の子猫を産んだそうで、

子猫ちゃんたちは、大奥の方々が、それぞれにあちらこちらで貰われたそうです。

 

大奥のペットで、猫は人気があったようですよ♪

 

 

そして、夫、家定さまとは、1年半ほどの生活でしたが、

猫の「さと姫」とは、16年ほど、生活を共にして、大事にされたそうです。

 

 

昔の、栄養バランスの良いキャットフードも、動物病院もない昔に、

16年も生きた「さと姫」はホント大事にされていたようですね。

 

 

直接のお話は、三田村鳶魚という江戸文化&風俗の研究家の方が、

篤姫の飼っていらした猫、「さと姫」の3人のお世話係のひとり、

御年寄・瀧山の姪の大岡ませ子さんから、いろいろと訊いて記述したものの中にあります。

以下、大奥の猫について、
『江戸・東京ときどきロンドン』からの引用です。

 

お年寄りとか中臈クラスの奥女中たちは

ほとんど猫を飼っていたといいますよ。

 


この猫たちが妊娠すると みんな競ってその子をもらいたがり

「予約」までしたそうです。

 


これは 上役へのごきげん取りでもあったようですが、


生まれた子猫が乳ばなれすると 鰹節 鮮魚一かご 

「ちゃんちゃん」と言った猫の着物2,3枚をつけて

里親にわたされてたそうです。

 


ペット用の衣装って!江戸時代からあったんですねー(笑)


これ以外に里親にも、銘仙の着物一反を贈ったそうです。

 

もらった方も、子猫の誕生日には赤飯を炊いて人を招き
呼ばれた方は、猫のおもちゃなどのプレゼントを持っていきます。

 

 

さらに メス猫なら 3月に「お雛祭り」


オス猫なら、5月の節句をちゃんとやってもらってます。
猫を人間並みに、可愛がってたんですねー(=^・^=)

 


当時は、一生奉公の人が多く 将軍のお手がつかなきゃ
子供を持つことも 「夢のまた夢」だった奥女中たちにとって

 


「猫」は、行き場のない母性愛を満たしてくれる格好の相手だったようで、
そう思うと 大奥の女性たちも かわいそうですね。

 

 

私も、今の飼い主ときたら・・・っと

うちの2ニャンに思われないように、可愛がります!^^;

 

スポンサーリンク

 

ほかの歴代の有名作家の

🐾夏目漱石(1867~1916)も黒猫好き

 

 

「吾輩は猫である」で今も有名ですね。

 

あのお話のモデルになったのは、当時飼っていた黒猫なんだって。

夏目漱石よりも、奥さんの方が猫好きだったらしい!

 

 

でも、猫で小説が売れたので、幸運の猫をすごく大事にしたらしい!

 

 

そして、愛猫が亡くなったときは、お葬式の招待状をまわりや関係者

送ったほど猫を家族の一員として大事にされてたんですね。

 

 

🐾59代宇多天皇(867~931)も黒猫好き!

 

そうそう、猫好き天皇といえば宇多天皇。59代の天皇ですね。

 

 

この方のお父さんから黒猫を譲られて、そのコの事めっちゃ好きだったみたい。

「寛平御記」っていう、今の日記みたいなものに「うちの子がいっちば~ん♪」

とか言いながらいつもなんか書いてた記録が。

 

だから、日本で最初の猫ブログを書いたのは宇多天皇なんだって!

 

🐾猫に位を付けた一条天皇(986~1011)

 

66代の天皇さま。イケメンだったんだけど、猫狂いすぎて少し引く!

 

だって、猫に「五位」っていう地位をくれた天皇ですから

 

五位っていったら当時は人間でもかなり偉い方。

天皇に直接関わることのできる役職を猫に与えていたほど猫好き

仕事とプライベートを分けられないダメめんずカモ。(笑)

 

枕草子ってしってます?源氏物語と並ぶ文学作品

どっちも一条天皇の時に書かれたそうで。

 

 

枕草子っていうのは、当時の日常を書いた物。

その中で、猫を脅かした犬のお話しがあるんだけど、内容はこうで。

 

 

「縁側で寝ていた猫。世話役の女の人が「中へおはいり!」って

言ったらしいんだけど、無視してたんだって。

 

 

すると、急に犬が脅かしてきた!猫はビックリ。

さっきの女の人のいたずらしたらしい。

 

 

それを見た一条天皇は怒って、その脅かした犬を島流しにしちゃった。」っていう。

世話役の女の人に当てつけらしいけど、とんでもない猫狂いでしょ?(笑)

 

🐾浮世絵師の歌川国芳(1798~1861)も!

 

有名な猫好きおじさんで、江戸時代の有名な浮世絵師ですね。

 

猫をモチーフにしたり擬人化した絵もたくさん描いていた。

 

有名な猫好きだったみたいで、自分の絵の中には5匹もの猫を描いたり、

猫が亡くなったときは必ずお寺に埋葬してくれたり・・・

 

そうそう、仕事中にはいつも猫を抱っこしてたらしいですよ。

猫たちの事を大事にしてくれるし、何より人気浮世絵師。

お金はあったから、猫に美味しいものを与えて贅沢させてたみたいですよ。

まとめ   

 

いかがでしたか?豪華なひな祭りをした猫ちゃんの1・2争いは…?

篤姫の飼っていたサト姫か?天皇家で飼われていた黒猫ちゃんか…?

 

昔も今も、猫は贅沢に飼われていたんですね。

こうゆうのを見ると、うちの2ニャンも大事にしてあげないと・・・!

 

飼い猫に「うちの飼い主は…?」ってがっかりされないように、

猫と一緒にひな祭りして、かわいがりましょうね。

私も頑張ります。(=^・^=)

 

スポンサーリンク

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

                      

コメントを残す