猫を虐待する人の心理とは?弱い動物を対象?心の闇?


 

スポンサーリンク

 

今日書くブログの本題ですけども、私はある猫ブログの会員に登録させて頂き

 

毎日、会員様たちの猫ブログを拝見しては、コメントに参加させて頂いています。

 

ところが、ある飼い主の猫が3日間の闘病生活で苦しんで亡くなった!

 

モモちゃんと言う名前の真っ白で綺麗な猫ちゃんの写真がブログに乗っていて、

 

亡くなった原因は、近所の猫嫌いの人に、

 

 

自由に散歩していたモモちゃんの全身に、劇薬のクレゾールをワザと

 

狙ってかけて、殺されたお話しでした。

 

私もですが、猫好き会員達は、ビックリ!

 

「どうして、可愛い猫にそんな残酷なことが!

猫殺しの犯罪者として警察に被害届を出すべき!」

 

コメントや「動物愛護団体に相談して、訴える!」

 

コメントやらでそのブログは猫好き会員の犯罪者に対する怒りで、

 

炎上していて、今日も、会員の怒りは収まらず、炎上がつづいています。

 

 

猫愛好家の皆さまのコメントを読んでいると、

 

他の人達もご近所の猫嫌いの人の被害が多い事にもまたビックリ!

 

中でも同じように、劇薬を駆けられたり毒入りの物を外で食べたようで、

 

いずれも、家に帰るなり、吐いて苦しみだして亡くなったお話が多く、

 

中には、猫嫌いの人に自分の猫が棒で殴られて

 

半身不随になった猫の闘病生活まで!

 

いろいろと、近隣の被害に悲しんだ人達のブログが多くてまたビックリ!

世の中に猫嫌いの人が多いのにも、怒りを覚えますが。

 

 

🐾猫や犬を虐待するのをゲーム感覚?

 

猫や犬を虐待している人の心理には、ゲーム感覚

 

やっているという人も確かにいます。

 

今は残酷な漫画や映画にテレビ番組もあり、そういうものを見続けていると、

 

いつの間にか猫や犬を痛めつけるのもゲームの延長のような幼い気持ちの人も!

 

テレビや映画、そしてゲームの中で、

 

🐾かんたんに多くの人間や生き物が死んでいます。

 

 

そういう番組に慣れてしまうと、猫や犬を虐待するのも平気になっているのでは?

 

そのため猫や犬をかまっているうちに、つい度が過ぎてしまい、

 

虐待に繋がってしまいます。

 

 

もし猫や犬が恐怖から反撃をしたりすると、

 

一気にヒートアップして攻撃してしまいます。

 

そして勢い余って命を奪ってしまったりします。

 

こういう人は、猫や犬を虐待しているという感覚自体もうすい!

 

そんなに悪いことをしているとは考えていないから不思議!

 

心の闇も関係する?

 

 

自転車のカゴに猫の死体?!

 

🐾動物虐待と知っておきたい異常心理 

 

憩いの場であるはずの公園で、

 

わずか4ヶ月の間に30匹近くの猫が怪死する事件が発生!

 

現在、自転車のカゴに複数の猫の死体をいれた男

 

事情聴取されているといいます。

 

恐ろしいのは?

 

 

「無駄な動物は殺してもいい」という考えは、

 

「無駄な人間は殺してもいい」に発展しやすいという。

 

 

「動物の愛護及び管理に関する法律」という法律

 

 

🐾愛護動物をみだりに殺したり、傷つけたりすると

 

1年以下の懲役または100万円以下の罰金 

 

🐾愛護動物の世話を怠り衰弱させる等の虐待をすると

 

50万円以下の罰金

 

🐾 愛護動物を捨てると 

 

50万円以下の罰金

 

動物虐待を防止するために、動物をいじめている不審者がいないか

 

地域で目を光らせましょう

 

動物への暴力行為虐待を発見したら、警察に通報しましょう。

スポンサーリンク

まとめ      

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

犬好きの人から見れば、一人で散歩に出る猫は、

人の庭に危害の加える野良猫と、見分けが付かない!

 

犬のように「リードを付けて散歩させて気をつける!」

しか文句が言えないのが現実です。」

「飼い猫」を犬のようにリードをつけて「散歩」するメリットとは?

 

スポンサーリンク

当ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
和歌山県白浜で、夫婦と猫2匹で暮しています。

このサイトは、猫を中心として生活している管理人ブログです。
猫の健康と夫婦の健康と美容に関する内容を記事にしています。

このサイトの記事内容により、皆さんの「猫の飼い方」や
「夫婦が仲良く生活」するお役に立ちましたら幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す