高齢者の冷え症は万病のもと!冬のゾクゾク冷える体を暖かく過ごすには?


引用:高齢者

 

スポンサーリンク

 

肩から背中がゾクゾク冷える!

 

風邪気味かな?っと思っていたらそうではない?

 

冬の朝の寒さが原因!

 

体がゾクゾク冷えて、家にいても首のマフラーが外せない冬

 

 

 

 

人間の体温は朝起きたときが一番低く、日中少しずつ上昇し、

 

夕方のピークを過ぎると就寝前にはまた低くなります。

 

高齢者の場合は体内時計に狂いが出てきているため、

 

1日の体温の変動が少なくなってきています。

 

🐾年齢とともに睡眠が変化する

 

 

年齢とともに体力が落ち、老眼になり、白髪が増えます。

 

それと同じように睡眠にも変化が現れます。

 

第一の変化は、高齢者では若い頃にくらべて早寝早起きになることです。

 

これは、体内時計の加齢変化によるもので、睡眠だけではなく、

 

血圧・体温・ホルモン分泌など睡眠を支える多くの生体機能リズムが狂いがち!

 

そのせいで、高齢者の方の早朝覚醒それ自体は病気ではありません。

 

 

 

 

高齢者の冷え症の原因とは?

 

 

これは自律神経による体温調整機能の低下が原因で

 

暑さや寒さに鈍感になってくる結果、冷え症になってしまうのです。

 

高齢者の場合は熱くても汗をかきにくく、

 

寒くても体内の血液の量があまり増えないため、

 

体を温めることが難しくなってきます。

 

🐾冷えがあったら、体に問題がある?

 

「手足が冷たい」、「肩がこる」、「しもやけができやすい」、

 

「おなかが冷えると下痢をしやすい」、「腰が冷えると腰痛や足にしびれを感じる」など、

 

冷えの感じ方は人によってさまざまです。

 

 

気管支喘息の人では肺に冷えを感じ

 

捻挫や骨折をすると患部に冷えの自覚症状が現れるといわれています。

 

冷えを感じたら、体のどこかに問題があると考えた方が!

 

しかし、冷えの治療は非常に難しいとされています。

 

西洋医学では冷えに該当する病名がなく、診断や検査法、治療法がないからです。

 

🐾自分でできるカンタンな冷え症対策は?

 

朝、起きた一杯の白湯の効果は!

 

 

朝一番、胃の中に何も入っていない状態で飲む白湯は、

 

まさに五臓六腑に染み渡るような感覚を感じます。

 

ていねいに沸かした白湯を、ゆっくりといただきながら過ごす静かな時間は、

 

1日の始まりの儀式のようです。

 

これは、寝ている間に汗をかいて発散してしまった水分を補うという意味でも、

 

理にかなった飲み方です。

 

白湯で内臓の中を洗い流すようなイメージで飲むのもおすすめ!

 

実際に、白湯を飲むことで内臓温度が高まると、

 

体温を上げるために身体のエネルギーを使う必要がなくなります

 

その他の器官の活動に使えるようになるのと、

 

体内のエネルギーがしっかりと動き出すので、

 

是非とも、毎朝の習慣にしましょう♪

 

 

冷え症に効果のある温めポイントは?

 

🐾冷えを感じたらどこを温めると効果があるの?

 

身体は正直で病気のあるところは温度感覚が変わるため、

 

温める部位は自分でわかることが多いようです。

 

膝が痛いなら膝を手が冷えるなら手を温めるというように部分的に温めます。

 

肩がこりやすい人や、首が冷えると風邪をひきやすい人は、

 

首の後ろが大事な温めポイントとなります。

 

また、冷えると内臓の働きが低下して免疫力も下がり、全身の活動に影響します。

 

冷えから体調を崩しやすい人や手足に冷えを感じやすい人は、全身を温めましょう。

 

四肢末端まで、全身に温かい血液を巡らせるには、

 

 

へその下あたりを温めるのが効果的!

 

体全体を温めることができます。

 

 

家の中のソコ冷えも防ぎたい!

 

 

🐾窓のすきま風を防ぐ!

 

引用:防寒ボード

 

まずは隙間風のチェックをしましょう。

 

たとえば、ロウソクか線香に火をつけて風を感じるあたりに置いてみよう!

 

風が入ってくれば炎や煙がゆらぐから、どこにすきまがあるか発見できます。

 

だいたいが、窓やベランダ扉からの隙間風を感じると思います。

 

そのばあいは、かんたんに防寒ボードを立てるだけで寒さは断然変わってきます!

 

また、意外とあなどれないのが畳の下からくるすきま風!

 

床にすきまができて、畳を通して風が入ってくる場合もあります。

 

畳からすきま風が入ってくる場合は、畳をすべて上げてしまい、

 

床に新聞紙を敷き詰めるだけで良い!

 

こうやって新聞紙により風をシャットアウトできる♪

 

 

スポンサーリンク

まとめ     

 

🐾最後にお風呂の断熱効果を上げましょう♪

 

バスルームの床がタイル張りの場合、その材質の硬さも相まって、

 

おふろマットを敷いておくと一石二鳥♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
和歌山県白浜で、夫婦と猫2匹で暮しています。

このサイトは、猫を中心として生活している管理人ブログです。
猫の健康と夫婦の健康と美容に関する内容を記事にしています。

このサイトの記事内容により、皆さんの「猫の飼い方」や
「夫婦が仲良く生活」するお役に立ちましたら幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す

このページの先頭へ