猫の命を脅かす腎不全!原因と症状は?気付いた時には慢性腎不全かも?


 

               スポンサーリンク

 

今朝も猫の「しんちゃん親分」に頭の上から

(=・ω・=)にゃ~♥グルグル~と鳴かれて起こされました。

 

 

わが家の朝は、猫の親分を散歩に連れていくことから始まります。

服を着替えていると、玄関の前で私に背中を見せて振り返りながら

 

 

また(=・ω・=)にゃ~「行くよー遅いな~」と言っているのがわかります^^;

 

 

 

親分が元気なのはアリガタイ♪ 

いつまでも長生きして欲しいのは…

大事な家族のペットを飼っている人なら、あたりまえ!

 

では、ペットの定期検診はしてるのかな?

 

 

人間なら、年に1度の定期検診はサラリーマンなら、義務付けられています。

家族の健康を心配するのは、当然のことで当たり前ですよね。

 

 

🐾それなら、ペットの家族も病気になっていないか?

 

 

定期検診をしてあげましょうね。

定期検診は大きな病気に、ならないようにするための予防です。

 

とくに気を付けないとイケないのが、

 

高齢猫の死亡率ナンバーワンの腎不全です。

 

 

 

腎不全とは?どんな病気なの?

 

 

少し、むずかしい説明になりますが、腎不全とは血液中の老廃物を、

ろ過して尿として、排出する役割をしている

腎臓の働きが悪くなる病気です。

 

 

 

腎臓の「ネフロン」と言う(聞いたことがない)組織が少しずつ壊れていき、

腎臓全体のろ過機能が低下して働きが悪くなるのが腎不全と言われます。

 

 

 

これは猫も人間もおなじで「ネフロン」と言う組織の数が、

猫は1つの腎臓で20万個、人間は100万個あると言われています。

 

 

 

 

恐ろしいことに、腎臓の組織はいったん壊れると、治療しても元には戻らないそうです。

私の母も糖尿から腎臓が悪くなり、人工透析までしていました。

 

 

  

 

 

上のグラフは猫の死亡原因のデーターです。

 

 

1位:ガン(38%)

2位:腎臓病(22%)(腎不全・慢性腎不全も含みます。)

3位:心臓病(10%)

4位 : 糖尿病 (7%) 

5位 : ネコ伝染性腹膜炎(FIP) (10%) 

6位 : 猫エイズ(FIV) (5%)

7位 : 猫白血病 (5%) 

8位 : 甲状腺機能亢進症(肝臓病) (4%) 

9位 : 肝臓病(肝炎と肝硬変) (3%) 

10位 : ウイルス性呼吸器感染症 (1%)

 

 

とくに腎臓病は高齢になった猫が1番 かかりやすい病気!

 

               スポンサーリンク

 

 

 

では、腎臓病を知らずに放置すると 

どのような症状が出ると思われますか・・・?

 

🐾腎臓病が進行して慢性腎不全になったときの症状は?
 
脱水症状や多飲や多尿、

食欲不振や嘔吐、体重減少や夜尿症

便秘や下痢などの症状が発生すると言われます。

 

 

 

✔ 猫ちゃんが、いつもとようすが違う・・・!

✔ または、いつもはしない、しぐさをする・・・!

 

 

それは猫にとって、おかしなことですから、

手遅れで病気になって、病院通いするまえに

早く先生に見てもらってくださいネ。

 

 

 

慢性腎不全は進行性の病気で、しだいに老廃物のオシッコも出なくなり

 

体に毒素が溜まり尿毒症など死に至ことになり注意をして、

毎日の同じ時間にペットシーツにおしっこをしているか?

 

 

 

確認してあげることが大事になります。

 

 

 

🐾慢性腎不全はなおせるの・・・?

 

 

慢性腎不全の場合は、残念ながら機能しなくなった腎臓を

元に戻す治療はなく、治すことはできません。

 

 

しかし、残った腎臓の機能をなるべく長く持たせるように、

点滴や薬などで補助してあげることで、長生きも可能です。

 

 

 

 

余談ですけど私なんか、毎日、同じ時間にペットシートを変えて確認しています。(^-^)

もし、まだオシッコをしていない時には

 

 

猫に軽くおなかの膀胱の周りをさすって

トイレに入れてオシッコするまで「じぃ~っと」見ています。(変態っぽいですか?)

 

 

それほど、7歳以上の高齢猫は排泄がキチンとできないと、

「尿毒症」で死ぬ確率が高くなるので、心配なんです!

 

 

もちろん、うちの2匹の猫は私がトイレの前で見張っているので、

出られなくて、イヤァ~な顔をします!

 

 

イヤなら早くオシッコしてちょうだい(笑)

あきらめて、猫もオシッコして早くでよっ!とします♪

 

 

 

そもそも、腎臓病になる原因は何でしょうか?

 

 

 

 

この慢性腎臓病は、人や犬に比べると、猫たちにとっても多い病気なんです!!

 

病気の原因としては、感染症やがん、投薬などが挙げられることもありますが、

ほとんどの場合は不明で、年を重ねることに伴って発症しています。

 

そんな中、2016年に日本の研究グループが、

なぜ猫たちに多いのか解明した!という発表をしました。

 

その発表によると、猫たちは、ちょっとの腎臓への傷害を

修復する力が弱いんだそうです・・・

 

 

人や犬だったら自分で修復するような傷も、猫たちは治せない。
繊細な猫たちだからこそ多い病気なんですね。

 

 

🐾しかも猫は人間の4~5倍の速さで年をとります。

 

 

生後1年の猫で人間で言う18歳になり、生後2年で24歳

それから1年ごとに人間の4倍のスピードで年を取っていきますー。

 

 

歳をとるのが早すぎ・・・

ずっと健康で長生きして欲しい・・・

猫の健康も人間と同じように、今までの食生活が大事です!

 

 

 

猫の体質もありますが、大きな原因は食生活です!

 

 

猫ちゃんの健康を守るためにキャットフードやおやつを見直す!

人間も食生活の乱れ、暴飲暴食が何年か先には「成人病」として診断されます。

 

 

人は自分で好きな食べ物を選べますが、

猫ちゃんは飼い主が与えたものしか食べません。

 

 

🐾キャットフードも猫のおやつも、色々な種類がありすぎて

 

 

飽きっぽい猫ちゃんのために、

ついつい新しいタイプのご飯を与えてしまいがちですよね。

 

 

しかも、消化に悪いものや塩分高めなどの文字は、

キャットフードに書いていません。

 

 

全てのキャットフードも体に良さそうで、美味しそうです。

飼い主のあたえるキャットフードが・・・

 

 

猫ちゃんの健康を守ることになりますね。

 

               スポンサーリンク

まとめ    

 

 

いかがでしたか?

これは、が家で与えているキャットフードです。

 

 

これは、ロイヤルカナンの腎臓サポートセレクション

 

(粒は大きめですが、中は柔らかい層になっていて、

口の小さく噛む力の弱い猫にも優しく

外はカリッ!中はしっとりと2度楽しめます。

 

 

ピンクの袋の方はモグニャンです。(原産国はイギリスで、

シンプリーキャットフードやカナガンとおなじ無添加、無着色

 

 

遺伝子組み換え食品不使用で人が食べられる食材で

作っていて、安心して与えられます。

 

🐾大事な猫ちゃんに出来るだけ無添加のキャットフード

 

が良いと思いますよ。

病気予防のためにも・・・

 

原産国イギリスの、モグニャン、カナガン、シンプリーキャットフードなど、

どれも1番いいキャットフードです。

 

あとは猫ちゃんの味の好みで決められたら良いものです。

うちの猫の場合は、白猫の「エコにゃん」が小柄で噛む力が弱いので

 

粒の小さく噛みやすいキャットフードは?として選びました。

どうぞ皆さんの猫ちゃんも、いつまでも病気知らずの

「元気な猫ちゃん」で長生きすることを、願っています。

 

 

 

 

 

当ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
和歌山県白浜で、夫婦と猫2匹で暮しています。

このサイトは、猫を中心として生活している管理人ブログです。
猫の健康と夫婦の健康と美容に関する内容を記事にしています。

このサイトの記事内容により、皆さんの「猫の飼い方」や
「夫婦が仲良く生活」するお役に立ちましたら幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

‼猫の動画と旅行の写真『いいね‼』

コメントを残す